酵素ってなに?

「きちんと消化」が病気知らずの身体を作るんだよ!

一言で言うと「生命力のある触媒」で全ての生物の生化学反応に関係します。

栄養学ではタンパク質、糖質、脂質、ビタミン、ミネラル、食物繊維、水を7大栄養素と呼んでいますが8番目にファィトケミカル(植物に存在する化学物質)、そして、9番目の栄養素が「酵素」と考えています。

酵素が、他の栄養素と違うのは栄養素を分解して、運搬したり、触媒的な役割を持つことです。
酵素を家の建築に例えると、栄養素は「資材」。酵素は「大工さん」。
資材があっても、大工さんがいなければ家は作れません。
そして、炭水化物を分解する酵素はアミラーゼが担当というように、働く役割が決まっていて、体内には13000種以上の酵素が存在すると言われています。

人間の体内にある酵素は「体内酵素」、人間の身体以外の生物に存在する酵素を「体外酵素」と言います。

「体内酵素」の働きは大きく二つに分けられます。

消化酵素

「消化酵素」は食物に含まれる三大栄養素(炭水化物・たんぱく質・脂肪)を、補酵素の協力のもと腸壁から吸収できるように小さな分子まで切り分ける作業をします。

代謝酵素

「代謝酵素」は腸壁で吸収された栄養分子をエネルギーに変える働きをし、人間の生命活動のありとあらゆる作業に関与します。

細胞の中には無数の酵素が存在し、代謝作業と消化作業に休む間もなく従事しています。
その細胞にある酵素を潜在酵素と呼びますが、その酵素量(生産量)は年齢と共に減少していきます。

「消化酵素」と「代謝酵素」には密接な関係があります。

消化酵素を浪費しなければ体内の代謝作業がスムーズに行われます。
消化酵素を使い過ぎた時には代謝酵素が不足気味になり、病気になりやすかったり老化が進んだりします。
体内の代謝機能が円滑に行われる為には消化酵素を節約し、代謝酵素を十分に作る必要があります。

消化酵素を節約する為には食生活を見直し、腹八分目を心がけ、健全なライフスタイルを送ることが大切です。

食生活のヒント

良質な酵素(食物酵素)を毎日の食事でたっぷり摂りましょう!
食物酵素を体内に取り入れるには、あらゆる食品を「生」で食べることが条件です。
「生」の果物や野菜には生きた酵素が豊富に含まれています。

また、野菜や果物はすりおろすことにより食物の細胞内にある酵素が外に出てきて、酵素が何倍にも活性化されます。
毎回の食事で、「生」の野菜やフルーツをすりおろして食べることを日課にし、特に朝は生食の割合を100〜90%、昼60%〜50%、夜も30%以上とするように心がけたいですね!


酵素ってなんだろう?
入会特典
  • 季刊誌「酵素らいふ」の無料送付
  • 講座・ファスティング合宿・イベントなどの参加資格
  • 講演会の入場割引特典
  • 自然栽培農産物や会推奨品の情報提供
  • 様々なスキルを持つ会員様からのメルマガ
詳しくはこちら
エンザイム・ニュートリション・マスターコース

ブログ

  • お知らせ・活動報告

  • ページの先頭へ